パニック障害

パニック障害について

突然の激しい発作

何の前触れもなく、ある日突然、息が苦しくなったり、めまいや動悸などに襲われるといった“パニック発作”を起こし、そのために生活に支障をきたす疾患がパニック障害です。
その時の不安と恐怖は大変なもので、「死んでしまうのではないか」と思うほどの激しい発作に見舞われ、しばしば救急車で医療機関に運ばれますが、通常は30分ほどで症状は治まります。パニック障害の発作で死ぬようなことはありません。

体に異常は見あたらない

息苦しさや動悸のため、心臓や呼吸器、胃などの疾患が疑われることがありますが、どこを調べても体に異常は見あたりません。明確な診断結果が得られないまま病気が進行していくと、発作が起きた場所を無意識的に避けるようになったり、発作の再発を恐れたりする(予期不安)あまり、外出できない、乗り物に乗れないなど、日常生活に大きな支障をきたすこともよくあります。
自然に治ることはあまり期待できず、多くの場合、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性化してしまいますが、早期に治療を行えば、完治の望める病気です。
なお、うつ病やうつ状態を合併するケースもあり、逆にうつ病がきっかけとなってパニック発作が起きる場合もあります。

パニック発作の主な症状

  • 胸がドキドキする
  • 息が苦しい
  • 息がつまる
  • 冷汗をかく
  • 手足の震え、しびれ、顔の震えが生じる
  • 胸の痛みや不快感をもよおす
  • めまい、ふらつき、気が遠くなるような感じがする
  • 自分が自分でないような感じがする
  • 寒気、またはほてりを感じる
  • 発作による突然の死の恐怖に見舞われる

パニック障害の原因

最初に発作が起きる原因には、過労やストレスなどが関係していると考えられています。その後、再発することへの強い不安(予期不安)によって発作が起こる場合もあります。
また、ストレスや脳内の神経伝達物質の働きが関連するのではないかとも言われています。人間の脳には数多くの神経細胞(ニューロン)や受容体(レセプター)が存在し、その間を情報が行きかうことで感情、知覚、運動、自律神経などの働きが生じています。その働きのどこかに“誤作動”が生じることによってパニック発作は起こるのではないかと推測されています。

パニック障害の治療

主に薬物療法と精神療法で治療します。

薬物療法

パニック障害の治療は、薬物療法が基本となります。
一般に、最初に使われる薬はSSRI(セロトニン再取込み阻害薬)をはじめとする抗うつ薬と抗不安薬の一種であるベンゾジアゼピン系薬剤です。
パニック発作が初めて起きた時点から時間を隔てず、早めに治療を開始すると、効果が上がりやすいようです。また、パニック障害は薬物療法が効きやすい疾患です。「薬に頼らず気持ちだけで治す」というのは得策ではありません。薬によって発作が治まる、あるいは薬で発作を抑えられると実感できるようになると、少しずつ自信が回復し、予期不安も減ってきて、そのことが発作の出現をさらに減らすという良循環にもつながっていきます。

精神療法

パニック障害では、薬物療法に加え、精神療法を併用することが重要です。特に、認知行動療法(考え方や物の捉え方、行動を変える精神療法)は、薬による治療と同じくらいパニック障害に効果のあることが認められています。
薬が効き始めて発作が起こらなくなってきたら、苦手だった外出などに少しずつ挑戦することも治療になります。ただ、無理は禁物なので、医師やカウンセラーと相談しながら、一歩一歩ゆっくりと前進していくつもりで治療に取り組んでください。